For Business: コラボレーション・ワークショップご依頼アーカイブ

ビジネスブログ Business Blog


子供達に向けた衣生活のワークショップ


2016年8月25日(木) NPO法人もあな自然楽校のもあなの家 学童保育クラブで小学生を対象に衣のワークショップを 行ってきました。
夏休み2回目、自分の着ている 服に興味を持ってもらい
衣生活をみつめ、手作りの大切、モノの大切さを伝える。 生地はどうやって出来ているのか?に気づくきっかけ作り。
前回7月に行なった際に作った コットンレジ袋を持ってきてもらい、約1カ月で使った回数を報告してもらった!
何と、、何と20回も使ったのを 日付まで入ってる紙を見せてくれた!どんな使い方をしたのか? の質問でも、買い物ではほとんど使った、それ以外ではテニスに行く時とか、報告してくれた。
今回は初めての子供達4人、前回参加の14人の小学生へ、クイズ出しからスタートし、 グループに分け、グループごとに話し合い
簡単な質問から、最後は、織と編みの違いを考えて、報告!
予測通り、わからないと、、 そこから始まり、見本の生地と 着用している自分たちの服をみつめ、感じてもらう!
その後、 人間織り機と称して、 1mのバイヤステープをカットして、両端を子供達が持ち、横糸を通して行く、、ガヤガヤかなり賑やかに遊びながらで、盛り上がりましたが時間がかかるので、途中で終了!、その後は円になり、バイヤステープを皆んなの体に交互に回して行く、、、何となく違いがわかってくれたみたいだが、騒ぎ過ぎで何だかよくわからない感じも!
しかし盛り上がりました。 実際に触れ合ってのアクションは子供達には遊びながら 面白がりながら感じていく、だから楽しい。
その後は、仕込んでおいた デニムとチノパンの端切れを使ったキーケース作り! 生地を捨てないで、出来るだけ、他のモノにカエていく、子供達には、 昨年は修理する事が出来ることを理解してもらい、今回は新しいモノにカエる。
そんな思考になってもらいたいと、時間があればコースターも考えてましたが、流石に無理でした。
とにかく小学生のをパワフルさは半端ないです、圧倒される
この素直で・自由で子供らしい子供はもあなの子供達の 特徴だと思う、きっちり枠の中だけで生きている子供達と正反対 思った・感じたまま・自分を表現・ちょっと見方を変えたら言うことを聞かない・ わがまま・などネガティブな感情を持つ方もいるかと思うが冷静に子供達の想像力 感性を感じれる大人でいてほしい。

皆んなの笑顔最高でした!
http://moanakids.org/moana-no-ie/index.html putiton

衣生活ワークショップのお問い合わせは以下

子供達に向けた衣生活のワークショップ・NPO法人もあな自然楽校のもあなの家


2016年7月28日(木) NPO法人もあな自然楽校のもあなの家 学童保育クラブで小学生を対象に衣のワークショップを 行ってきました。
昨年も参加してくれた子供達も多く、昨年参加できなく 残念だったとの声から 今年は参加したい子供達が増え30人に、、 ビックリでしたが、、下準備も前日に急遽増やし
子供達に手作りの大切さと、日々頑張っているママへの プレゼントを作ってきました。 環境活動の一環でレジ袋削減の為コットンレジ袋作り
コットンのお話から、自分たちで一番寄り添っている服に 意識を向けて、自分が今日きている服が何でできているか? クイズを含めて遊びながら学んでいき
身近なことから知識を深め大地のコットンから糸になっていく 家庭も自分の手で感じ取り、 モチーフは、それぞれ自由に型紙を作り、布を選び マーキングし裁断、、
ミシンが初めての子供達も多く、ドキドキワクワクですが 真剣の表情で一針一針縫上げていきました。
時間かかってしまいましたが大切に使ってくれると 約束してくれました。 日本の子供達の中でコットンの知識を一番理解してくれている 子供達です、、
素直でめっちゃくちゃたくましいです! 家でママにコットンのお話をしてくれているはずです。 家族が笑顔になってくれるといいなぁ
http://moanakids.org/moana-no-ie/index.html putiton
衣生活ワークショップのお問い合わせは以下

Illustrator akko with putiton collaboration surf penguin

Illustrator akko with putiton collaboration surf penguin 村上暁子(akko)さんとのコラボレーションウェア
日常の街や自然やとくの木のイラストが特徴的な水彩画を描かれている akkoさんにご依頼して昨年も人気の高かった可愛いペンギンを サーフィンをしているペンギンのイラスト描いていただきました。 構成はプットイットオンで行いました。 とっても優しいコットン100%の ペンギンTシャツが仕上がりました。
akkoさんプロフィール 東京生まれ。学習院大学文学部ドイツ文学科卒業。 フリーイラストレーターとして活動中。学習参考書、ビジネス書、パンフレットなどの挿絵を 描きながら、個展、グループ展、アートイベントなどでの展示活動をしています。 木々や街並みのイラストを多く描き、その中に女の子や動物のちょっとしたしぐさや表情を細かく表現 しています。 0,05ミリペンで描く繊細な線と、水彩のあたたかい色彩が特徴。 ずっと見ていても飽きない絵、ずっと見ていると何か発見できる絵、そして心があたたかくなるような絵を 描いていきたいと思っています。
http://www.akkobaum.com/ 購入いただきました方々にakkoさんイラストのぬりえイベントを行いました。 http://www.putiton.co.jp/NEWS/2016/07/post_55.html
オリジナルウェアのお問い合わせは以下

le storie

Le storie








オリジナルウェアのお問い合わせは以下


TOKYOかけっこクラブウェア


TOKYOかけっこクラブウェアお手伝いさせていただいています。 吸湿速乾オリジナルTシャツ。


オリジナルランニングショーツ。


視認性の高いオリジナルパーカー。

Smile & enjoy 幼少期から小学生の時期は運動の基礎が出来上がる時期 楽しいを発展させ、子供達の個々の運動能力向上、個性発掘 厳しさ、喜び、感謝、仲間との絆、かけっこを主体に子供達の "こころ"と"からだ"の成長の架け橋となる学校では学べない あいさつ・上下関係などもコーチや関わる方との関わり方・そして両親に感謝 走るだけでなく、速くなることだけでない、奥深く子供達と関わってくれるクラブ

以下、TOKYOかけっこクラブオフィシャルサイト
http://www.tokyo-kakekko.com/

TOKYOかけっこクラブオフィシャルインスタグラム
https://www.instagram.com/takafumi.harada.1/

オリジナルウェアのお問い合わせは以下

illustrator akko with putiton collaboration




村上暁子(akko)さんとのコラボレーションウェア


日常の街や自然やとくの木のイラストが特徴的な水彩画を描かれている
akkoさんにご依頼して可愛いペンギンのイラスト描いていただきました。
構成はプットイットオンで行いました。
とっても暖かな優しいペンギンスエットが仕上がりました。



akkoさんプロフィール

東京生まれ。学習院大学文学部ドイツ文学科卒業。
フリーイラストレーターとして活動中。学習参考書、ビジネス書、パンフレットなどの挿絵を

描きながら、個展、グループ展、アートイベントなどでの展示活動をしています。

木々や街並みのイラストを多く描き、その中に女の子や動物のちょっとしたしぐさや表情を細かく表現

しています。

0,05ミリペンで描く繊細な線と、水彩のあたたかい色彩が特徴。

ずっと見ていても飽きない絵、ずっと見ていると何か発見できる絵、そして心があたたかくなるような絵を

描いていきたいと思っています。

http://www.akkobaum.com/


オリジナルウェアのお問い合わせは以下


城南アクアスロン 2015入賞者Tシャツ




2015年城南アクアスロン大会入賞者Tシャツ
デザイン・製造行わせていただきました。





スポンサー:
東急グループ・アートスポーツ・サニーフィッシュ・フィールズ・アヤトトライアスロンスクール・VIEW・Brooks・プットイットオン・Nathan・Cep・モンスターバイカーズ


毎年各大会ごとにTシャツのカラーが違います
今年も鉄人キッズが参加し入賞Tシャツを目指し入賞を狙います。
親子のカテゴリーもあるので親子でお揃いを狙え!


WEBサイト

目黒区トライアスロン連合 http://megutora.com/
日本学園中学校・高等学校トライアスロン部
http://www.nihongakuen.ed.jp/cumpus/club.php?id=18&pos=0#no3934
渋谷区トライアスロン連合 http://shibutora.jp/
世田谷区トライアスロン連合 http://setatora.com/
大田区トライアスロン連合 http://otatriathlon.web.fc2.com/





オリジナルウェアのお問い合わせは以下



エプソンアクアパーク品川OPEN記念Tシャツ・イラストレーション村上暁子








村上暁子(akko)さんとのコラボレーションウェア


日常の街や自然やとくの木のイラストが特徴的な水彩画を描かれている
akkoさんにご依頼して可愛いペンギンとイルカのイラスト描いていただきました。
構成はプットイットオンで行いました。
とっても優しいコットン100%の
ペンギンTシャツとイルカTシャツが仕上がりました。



akkoさんプロフィール

東京生まれ。学習院大学文学部ドイツ文学科卒業。
フリーイラストレーターとして活動中。学習参考書、ビジネス書、パンフレットなどの挿絵を

描きながら、個展、グループ展、アートイベントなどでの展示活動をしています。

木々や街並みのイラストを多く描き、その中に女の子や動物のちょっとしたしぐさや表情を細かく表現

しています。

0,05ミリペンで描く繊細な線と、水彩のあたたかい色彩が特徴。

ずっと見ていても飽きない絵、ずっと見ていると何か発見できる絵、そして心があたたかくなるような絵を

描いていきたいと思っています。

http://www.akkobaum.com/


オリジナルウェアのお問い合わせは以下



Udagawa kazumiさんとのcollaborationウェア




手作り文房具書籍で有名な宇田川一美さんとのコラボレーションウェア。
可愛いイラストをプットイットオンでアレンジしTシャツに仕上げました。





宇田川一美
Udagawa Kazumi


1970年 東京生まれ
武蔵野美術大学視覚伝達デザイン学科卒。
雑貨メーカー企画室勤務を経て、現在フリー。

雑貨の商品企画に関わる仕事をしています。

女性やこどもの暮らしに関するイラストを描かせていただくことが多いです。

著書:
『手づくり文房具』
『気持ちを伝える手づくり文房具』(以上池田書店)
『封筒でつくる手づくり文房具』(東京地図出版)




宇田川一美さんオフィシャルサイト
http://www.udagawa-file.com/


オリジナルウェアのお問い合わせは以下



PAUL POSITION×putiton




ポ−ルポジションオリジナルウェアお手伝いさせていただきました。
ストライダーチームPAUL POSITIONからのご依頼で
打ち合わせ段階からかなりこだわったオリジナルウェアを製作しました。
縫製は襟までこだわり・プリントはとくにチェッカーとドットの組み合わせ。
着丈の長さなどすべてフルデザイン。



オリジナルウェアのお問い合わせは以下


新宿伊勢丹とのコラボレーション企画




新宿伊勢丹とのコラボレーション企画。

日常のアウトドアスタイルを提案
DAILY NATURE KIDSSTYLE for kids


売り場で展開されているブランドにお声がけさせていただき。
期間限定販売で吸湿速乾ウェアをお作りし・ワークショップを開催し
秋のアウトドアスタイルを提案いたしました。
プットイットオン・もあなくらぶ・伊勢丹・グレゴリー・ヘリーハンセン




オリジナルウェアのお問い合わせは以下


トライアスリートの力で作った絆Tシャツ



東日本大震災 復興支援Tシャツ製造お手伝いさせていただきました。 トライアスリートの力で作った絆Tシャツ 多くのブランド・多くのトライアスリートの方々の絆

オリジナルウェアのお問い合わせは以下

ファミリーキャンプ・販促物お手伝いさせていただきました。


デザインから印刷までお手伝いしています。

運営法人:NPO法人もあなキッズ自然楽校
オリジナルウェアのお問い合わせは以下

南大沢学園Tシャツ




オリジナルウェアのお問い合わせは以下


TYR×putiton




TYR×putitonコラボスイムウェア



http://www.tyrsports.net/


オリジナルウェアのお問い合わせは以下


成田キッズトライアスロン6thTシャツ

成田キッズトライアスロン大会ウェア
デザインから製造までお手伝いさせていただきました。




成田キッズトライアスロン
http://chiba-triathlon.jp/ctu/narita/


オリジナルウェアのお問い合わせは以下


ARTSPORTS TEAM ZERO



アートスポーツ・チームゼロ・ウェア
ロゴデザインから製造までお手伝いさせていただきました。





http://art-sports.jp/running/


オリジナルウェアのお問い合わせは以下


KFC OME 青梅キッズ&スプリント・アクアスロン Tシャツ





第6回青梅キッズ&スプリント・アクアスロン レポート
2006年9月3日(日)


開催地:東京都青梅市
主催:青梅市
主管:青梅市トライアスロン協会
後援:青梅市体育協会、青梅市教育委員会、KFCトライアスロンクラブ
協賛:フジタヤ/プットイットオン/明治乳業
A.小低学年(S:0.15k、R:1.4k)
B.小高学年(S:0.3k、R:2.1k)
C.中学生(S:0.45k、R:2.8k)
D.高校生(S:0.5k、R:3.5k)
E.一般(S:0.5k、R:3.5k)




レポート
東京とは思えないのんびりとした雰囲気の東原公園、
会場のスタッフもとてもアットホームな雰囲気がとても印象的、


参加賞で、VAAMとフジタヤさんの3色だんご
「このお団子はかなり美味でした、それに半端じゃなくビッグサイズ」
子供達にはputロゴ入りの完走TEEシャツ、がもらえ、早速着ている子供達もいてとても感激!!
それもとても気に入ってもらえている様子、スタッフも色違いですがお揃いのTEEシャツで運営を楽しんでいる感じでした、
スタッフの方からもとてもデザインが可愛いので嬉しいとの声をいただき、喜んでしまいました〜。


さて、どんどん参加者が集まって来るのですが、
スイミングスクールバスでやってきた子供達、小さな赤ちゃんをダッコしている家族連れ、
バイクで走ってきたアスリート、など様々な感じで全体的には家族連れが目立ちます。
早速シートを敷いてビールとおでんを食べているお父さんお母さんも。


ここのプールは25m/幼児プールが自由に使えるので、レースに出ない出れない幼児も一緒に来て、
とても楽しめる環境なんです!「かなり家族連れにはポイント高い!!」
早速子供達は水遊びの開始、レース前に疲れちゃうんじゃ?てな感じで、
レースの説明が始まると少し緊張感が、


そんなこんなしているうちにレース10分前、低学年、高学年、中学、高校一般の順番で(150mの流れるプールを)
スタート開始〜、低学年の子供達は1年違うだけで泳力がかなり違う感じですが、
そんなこともまったく気にしていない様子の中、1周後プールから上がりランニングに為のトランジション、


親御さんのガンバレのかけ声の中ランスタート、
「このランコースは木陰を走るのでとても気持ちのよいコース
」アクアスロンやトライアスロン複合競技の面白いところは、泳ぎが速くても、
ランニングが遅いと、抜かれてしまうのですそれも簡単に、だから最後まで勝敗がわからないのです、


高学年もスタート、さすがにスクールでガンガン泳いでそうな子供達が沢山、
ここでも泳力の差が出てきてしまうのですが、頑張って競い合っている、
中学や高校一般になると、だんだん盛り上がりを見せ、完走した子供達からパパ、
ママ頑張って〜の声援が盛り上がってきます中には50、60代の男女も頑張って走っている姿はさらに感動、


子供達も皆応援、そんな中ゴールして行くと完走後にスイカが待っているのでス!!これが格別においし〜と子供達も皆、
息切れしながらパクつきながら、お疲れさま〜とお互いに讃えあって、達成感を味わっていました。
大会が終わって、トップアスリートの白戸太郎さんのスイム指導などがあって、とてもわかりやすく為になるので、
水泳がちょっと苦手って思っている方でもとても楽しくなります。




*このイベントで一番楽しく感じられたのは、アットホームで家族でのんびり楽しめる雰囲気です。
ちょっと泳げてちょっと走れてなんて感じの子供達やパパママで充分楽しめるので、来年は是非参加されると良いと思います。
参加するだけでも素晴らしく楽しい大会でした。



青梅市トライアスロン協会
KFCトライアスロンクラブ


オリジナルウェアのお問い合わせは以下



PAGE TOP