東京でこの店でしか買えない物 - NAKAMURA 51
  • putiton51
  • putiton51
東京でこの店でしか買えない物

putitonの商品は現在お店に来ないと買えない商品が増えています。
それも販売数も限られています。


世界に一つしかない商品と
世界に大量に生産され世界中に多く販売されているモノと


どちらに価値があると思いますか?


または値段が高いと思いますか?



価値観は様々なのでそれぞれが答えをもっていますので
あえて言いません、各々がご判断ください。


断捨離って最近よく聞く話ですが

我々も断捨離しています。
できるだけ


もともとはヨガの
「断行(だんぎょう)」
「捨行(しゃぎょう)」
「離行(りぎょう)」

という考え方から

1.人生や日常生活に不要なモノを断つ
2.また捨てる
3.モノへの執着から自己を解放する

の意味です。


モノを断つと言うと
そんな経済を悪くするような考えと思ってしまうかも?しれませんが
本当に必要なモノを大事に作る意味でやっています。
商品なのでもちろん捨ててはいないですが。
通常のアパレルメーカーは捨てる方が大半でしょうが?


我々は
もう一度立ち返って考え
必要なモノを愛着をたくさん入れて創り続けていく為
作っていく為なんです。


商品最近少ないな〜と思われたりするかも?しれませんが
成長する為に考えているんです。
マイナスに取る方もおおいですが


我々は肯定的に考えています。


20年の経験を生かしてさらに良いモノを作っていきたいとの
想いなんです。


なので無駄のない数量でその時期に必要なモノを作って
売っていきたいのです。
SALEもできるだけしないモノを増やしたいとも考えています。


我々は日々、
全て出会いだと思っていて
人間生きていてこの地球上に全ての人とは出会えません


今日お店で出会って、商品が気に入ったらそれが出会いなんです。
人もそうですし
その出会いを逃すのはお金では買えない時間だと思います。
出会えてよかったと思えるその瞬間を逃してほしくないんです。
人でもモノでも


そのものが必要であって愛着を持っていただき長く使っていただける
ようにしたいのです


お金はまた稼げばいいけど、同じ時間はこないんですね!
*子供達が成長して本当に心から感じます、あの楽しかった
時間には戻れない(もちろん心には深く残っていますが)

なので我々自分たちと向き合って自分たちがどうしたいのか?
どのようなモノが今一番必要なのか?かっこいいのか?可愛いのか?
出会ったときに本当に喜んでもらえるか?


大量に作ってどのように売ろうか?ってただ考える発想ではなく
我々が考え・お客さんが喜ぶ必要なモノは常にあり
その時期に必要なモノを必要なだけ作って売る


そんな我々でしか?できないことをやりたいんです。
だれでも同じことしかできない平均的なことは我々には必要がなく


我々にしかできないことをしたいのです。


そしてできるだけ多くの方に喜んでいただきたいのです。


なので東京でこの店にこないと買えない商品が多いんです。



putiton-Toppage
プットイットオン

最近のブログ記事