人は傷つきながら成長していく - NAKAMURA 51
  • putiton51
  • putiton51
人は傷つきながら成長していく


<昨夜観たBoyhood「6才のボクが、大人になるまで」>


2002年の夏から2013年の10月まで12年間を通して撮影し
子供を6歳から18歳までにわたって育てる中で、
関係が変化していく様子を描写した作品


人生生きていると

挫折もなく、うまくいきつづける人生など存在しないと思う

失敗こそ成功の糧、失敗を恐れる必要はないし、

簡単に言ってしまうが、そう思えない時点では苦しみを味わい続ける

人は苦難や傷つきながら越えていくと



それを感謝だと思えるようになることが前へ進める一歩になる
光がみえてくる



子供達は
身近な家族・先生・仲間・関わっていく人々から学び成長していく


離婚を二回もしてしまう環境下でもどのように成長していくのか?



これから小学生・中学生・高校生になっていく親御さんにお勧めだと思う
大人(親も未熟)でも成長し続けないといけない、心の部分をそれぞれが
どのように感じて子供と接していったらいいのか?




putiton-Toppage
プットイットオン

最近のブログ記事