インスピレーションランニング・感性は歳をとらない - NAKAMURA 51
  • putiton51
  • putiton51
インスピレーションランニング・感性は歳をとらない

inspirationrunning_20160218.jpg
<今朝の碑文谷公園>



インスピレーションランニング
自分軸がぶれないように自分と話し合う心の旅をしている時間。
ランニングを通じて自然を感じ心を解放し自身と向き合い自己意識を高める
自分の中心軸に戻す。


今朝はなんとなく近場へ、
碑文谷グラウンド〜碑文谷公園〜都立大〜呑み川〜スズメのお宿〜碑文谷八幡〜円融寺
を五感で感じながらジョグ!


碑文谷グラウンドは圧倒的に桜の木と銀杏が多く・碑文谷公園は桜・銀杏・ヒノキ・その他のかなり
様々な木々があることに改めて気が付いた。
豊かだな、この感覚は。
自分も子供の頃ボートに乗りに来たり・子供が小さい頃・お店を始めてから
花見をお客さんとやったりと様々な想いは蘇ってくるが木々には目はあまり
いっていなかった。そんなことを感じ心地よくジョグ!


昨夜は、仕事を早めに切り上げて山口小夜子さんの、「氷の花火」観てきました
水曜日はサービスデーに惹かれたのもチャンスだと感じ早速!



結論から言うとものすごく良かった!
自分の感じ方に共通することもあり意味があったんだと確信した


いきなり杉野の学校で生徒たちが山口小夜子さんの生前愛用した服を
出し始め整理していくシーン!娘も杉野だったので親近感も感じれ
どのような展開になっていくのか?スクリーンに入り込んでいってしまった。



過去に山口小夜子さんと親交があった方々からの彼女の印象や生き方など
のインタービューで彼女の素晴らしさと多くの人々に愛されていた人で
独特のオーラを持っていた人なんだと感じ、さらに深く入っていけばいくほど
親交の深かった人たちの言葉からドキッとする表現や言葉が出てきた。


誰が発したかは?細かなところまで再度観ないと思い出せないが
印象に強く残った言葉で


・一人ではなく、もう一人の小夜子がいる
・山口小夜子さん「感性は歳をとらない」
・やりたかった事はとことん向かっていく人
・服を着るとその服に合わせ勝手に身体が動きだす
・インスピレーションを感じて動く人
・インスピレーションを感じたまま歩き続けていく(確か小夜子さん自身の言葉)
・コレクションの舞台裏では周囲が騒いでいても静かでおとなしくいつも隅の方にいて
目立たないけど、ランウェイに出ると魅力に取り憑かれるオーラがある。
・神秘的な人
・美しいとは、苦しいこと(確か小夜子さん自身の言葉)奥深すぎる
その他様々いい言葉が溢れ出ていましたし。
モデルの松島花さんに山口小夜子さんが乗り移ったシーンなど
本当にファッションて素晴らしいと一言発したデザイナー丸山敬太さんの
言葉も印象的でした。



そんな自分が奥底に感じたことを服と同調し素直に表現していった方なんだと
服の奥深さを追求した方なんだと、服は生きている
本当に服が好きで、自分自身ともがきながら悔いのない生き方をしていたんだと。



自分自身各々が感じることに大切さ・感覚を研ぎ澄まし・感じる豊かさを日々高め
今、目の前にあることを豊かに感じれることが最高に自分にとって悔いのない
生き方だと。


今、何か、、欠乏感などある方は感じ方が間違っていると築くことです
あることにフォーカスできないままだと一向に欠乏感から抜けれない
今、目の前にあることを豊かに感じることです。


日常新鮮味がなくパターンな日々しか感じれない欠乏感などある方は
映画・旅・美術館・コンサート・様々な場所へ出かけて行ってまずは感じることを
高めていくことをお勧めします。
近所でも感じ方が高まれば高まるほど豊かに感じます、近所にはないと思っているだけで
気づいていなだけです。
自然を探せばたくさんあります、子供達にはそんな自然を多く感じさせて
上げることが今の時代小手先だけで遊ぶスマホよりとっても大事なことです。


欠乏感を変な方向に向けないでください、最近のNEWSはそんな欠乏感から
起こっている出来事ばかりのような気がします。



グッドフィーリングに
今日もいい感じでスタート!
愛溢れオシャレでオシャレ感覚を磨き笑顔多い素敵な1日にしましょ〜!

putiton-Toppage
プットイットオン

最近のブログ記事